現在地
ホーム > キャンペーン > 「ターゲット・イヤー型ファンド」積立キャンペーン

「自分年金」をはじめてみませんか?「ターゲット・イヤー型ファンド」積立キャンペーン

キャンペーンは終了しました。

楽天証券 × アライアンス・バーンスタイン 共同企画 ターゲット・イヤー型ファンドではじめる自分年金作り 対象ファンドの積立で最大2,000ポイント

テレビ・新聞で大きく取り沙汰されている「年金問題」について、皆様はどのようにお考えでしょうか。
このたびは、楽天証券とアライアンス・バーンスタインの2社共同で、公的年金について漠然とした不安をお持ちの皆様のために、「7分でわかる! 『自分年金』作りの~基本バイブル~」と銘打って、自分で将来のために備える「自分年金」についてわかりやすく解説する特集コンテンツと動画を作りました。

動画の中でも紹介されている「ターゲット・イヤー型ファンド」は、アメリカでも大変人気を集めている「自分年金」用の投資信託。
楽天証券では、対象となる 「ターゲット・イヤー型ファンド」での積立設定で、最大2,000ポイントを差し上げるプレゼントを実施し、皆様の「自分年金」作りを応援させていただきます。

自分年金って何?7分でわかる!自分年金つくり基礎バイブル

キャンペーン概要

内容 期間中に楽天証券でキャンペーン対象ファンドの積立設定を新たに行い、約定なさったお客様に、約定金額に応じて、100~2,000 ポイントの楽天スーパーポイントをプレゼントいたします。
キャンペーン期間 2012年6月1日(金)~2012年11月30日(金)お申込分
  • ※対象約定期間は、2012年6月1日(金)~2013年1月22日(火)
キャンペーン対象者 キャンペーン期間中に、楽天証券でキャンペーン対象ファンドの積立設定を新たに行い、当該設定に対する 第1回目の買付が行なわれたお客様
  • ※積立設定をし、第1回目の買付が残高不足等で買付できなかった場合は、対象外となります。
キャンペーン対象ファンド 以下、各種ターゲット・イヤー型ファンド
アライアンス・バーンスタイン・財産設計 2020 積立ランキングTOP10登場
アライアンス・バーンスタイン・財産設計 2030
アライアンス・バーンスタイン・財産設計 2040 積立ランキングTOP10登場
ポイントプレゼント
約定金額 ポイント数
1,000円~5,000円未満 100pt
5,000円~10,000円未満 200pt
10,000円~30,000円未満 600pt
30,000円~50,000円未満 1,000pt
50,000円以上 2,000pt
ポイントプレゼント時期 2012年6月1日(金)~2012年6月30日(土)お申込分 → 2012年9月下旬頃(予定)
2012年7月1日(日)~2012年7月31日(火)お申込分 → 2012年10月下旬頃(予定)
2012年8月1日(水)~2012年8月31日(金)お申込分 → 2012年11月下旬頃(予定)
2012年9月1日(土)~2012年9月30日(日)お申込分→2012年12月下旬頃(予定)
2012年10月1日(月)~2012年10月31日(水)お申込分→2013年1月下旬頃(予定)
2012年11月1日(木)~2012年11月30日(金)お申込分→2013年2月下旬頃(予定)
ご留意事項
  • ※毎月1,000円から設定可能な「ミニ積立」もキャンペーンの対象となります。
  • ※本キャンペーンの対象となったお客様は、「1,000円から始められる 投信積立キャンペーン」の対象となりません。

対象ファンドについて~ターゲット・イヤー型ファンドとは~

「ターゲット・イヤー型ファンド」とは、将来の資産形成において、年齢は若くリスクが取れるうちは株式などのリスク資産への投資比率を高め、年齢が高くなるにつれ、リスクが低い債券などの比率を高めるべき、という考えを元に開発された投資信託です。
最大の特徴は、投資家の退職時期「=ターゲット・イヤー」に向けて、当初は株式などのリスク資産への投資比率を高めにし、自動的に徐々にその比率を下げて行く点にあります。当キャンペーンの対象となるアライアンス・バーンスタイン社のターゲット・イヤー型ファンドの場合、たとえば「アライアンス・バーンスタイン・財産設計 2040」であれば、2040年以降の退職後資金形成を目的とした銘柄といえます。

ターゲット・イヤー型ファンドの資産配分概念図
退職時期早見表
お客様の現在の年齢 65歳を迎えるのは ターゲット・イヤー型ファンド
37歳 2040年 アライアンス・バーンスタイン・財産設計 2040
47歳 2030年 アライアンス・バーンスタイン・財産設計 2030
57歳 2020年 アライアンス・バーンスタイン・財産設計 2020
アライアンス・バーンスタイン・財産設計 2020 アライアンス・バーンスタイン・財産設計 2030 アライアンス・バーンスタイン・財産設計 2040
申込手数料 なし なし なし
実質信託報酬 (税込)1.26%~1.35%程度 (税込)1.55%程度 (税込)1.55%~1.57%程度
リッパースコア
(トータルリターン)
1 1 1
運用方針 日本株式、新興国株式を含む海外株式、世界のリート、日本債券および海外債券の各資産クラスを投資対象とする投資対象ファンドならびに短期金融商品等に分散投資を行う。 時間の経過に従い資産配分を、成長性を重視する株式高位から、ターゲット・イヤー以降に徐々に債券や短期金融商品への配分を高め、ターゲット・イヤーから15年経過後を目途に債券と短期金融商品中心の配分へと変更する。 2012年1月31日の基本資産配分(※)
  • 積立ランキングは、2012/6/4~2012/6/8の期間中の積立金額より。最新のランキングはこちらをご確認ください。
  • リッパースコアの評価基準日:2012/6/30。リッパースコアは、毎月リッパーのグループ分類による類似のファンドと比較して各グループ(分類)内の最高位20%のファンドに「5」の評価が与えられます。
    当該評価は過去の一定期間の実績を分析したものであり、将来の運用成果等を保証したものではありません。
  • 自分年金お悩み解決!相談室

    【11/21更新】お客様の質問に答えました!

    将来のお金のこと。不安はいっぱいだけれども、ちょっと相談しにくい…

    そんな声にお応えして、自分年金相談室を開設しました。
    自分年金に関するお悩みを募集中です。
    いただいたご質問の一部にコンテンツやメルマガでお答えします!まずはチェック!

自分年金って何?7分でわかる!自分年金つくり基礎バイブル

ポイント獲得イメージ

6月1日~6月30日の間に新規積立設定を10,000円分行い、対象約定期間に10,000円分約定した場合

ポイント獲得イメージ

7月1日~7月31日の間に新規積立設定を10,000円分行い、対象約定期間に10,000円分約定した場合

ポイント獲得イメージ

8月1日~8月31日の間に新規積立設定を10,000円分行い、対象約定期間に10,000円分約定した場合

ポイント獲得イメージ

9月1日~9月30日の間に新規積立設定を10,000円分行い、対象約定期間に10,000円分約定した場合

ポイント獲得イメージ

そもそも「投信積立」とは?

投信積立サービスとは、毎月決まった日に、決まった金額を自動的に金融機関の口座から引き落とし、投資信託の買付をおこなうサービスです。
少額から投資をはじめたい方、リスク分散をしたい方にぴったりのサービスです。

楽天証券の投信積立はここがすごい
月々1,000円からはじめられる
1,000銘柄以上から選べる
楽天カード/楽天銀行からも引き落とし可能

投資信託のリスクと費用について

投資信託は、商品によりその投資対象や投資方針、買付手数料等の費用が異なり、多岐にわたりますので、当該商品の目論見書、契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解いただくよう、お願いいたします。

投資信託の取引にかかるリスク
  • 主な投資対象が国内株式

    組み入れた株式の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

  • 主な投資対象が円建て公社債

    金利の変動等による組み入れ債券の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

  • 主な投資対象が株式・一般債にわたっており、かつ、円建て・外貨建ての両方にわたっているもの

    組み入れた株式や債券の値動き、為替相場の変動等の影響により基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

投資信託の取引にかかる費用

各商品は、銘柄ごとに設定された買付又は換金手数料(最大税込4.32%)およびファンドの管理費用(含む信託報酬)等の諸経費をご負担いただく場合があります。また、一部の投資信託には、原則として換金できない期間(クローズド期間)が設けられている場合があります。

  • お買付時にお客様に直接ご負担いただく主な費用

    「買付手数料」:ファンドによって異なります。

  • 保有期間中に間接的にご負担いただく主な費用

    「ファンドの管理費用(含む信託報酬)」:ファンドによって異なります。

  • ご換金時にお客様に直接ご負担いただく主な費用

    「信託財産留保額」「換金手数料」:ファンドによって異なります。

買付・換金手数料、ファンドの管理費用(含む信託報酬)、信託財産留保額以外にお客様にご負担いただく「その他の費用・手数料等」には、信託財産にかかる監査報酬、信託財産にかかる租税、信託事務の処理に関する諸費用、組入有価証券の売買委託手数料、外貨建資産の保管等に要する費用、受託会社の立替えた立替金の利息等がありますが、詳細につきましては「目論見書」で必ずご確認いただきますようお願いいたします。
また、「その他の費用・手数料等」については、資産規模や運用状況によって変動したり、保有期間によって異なったりしますので、事前に料率や上限額を表示することはできません。
各商品のお取引にあたっては、当該商品の目論見書、契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解いただくよう、お願いいたします。

投資信託に関する情報提供について

  • 楽天証券株式会社がウェブページ上で掲載している投資信託関連ページは、お取引の参考となる情報の提供を目的として作成したものであり、投資勧誘や特定銘柄への投資を推奨するものではありません。
  • 各投資信託関連ページに掲載している投資信託は、お客様の投資目的、リスク許容度に必ずしも合致するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
  • 各投資信託関連ページで提供している個別投資信託の運用実績その他の情報は、当該投資信託の今後の運用成果を予想または示唆するものではなく、また、将来の運用成果をお約束するものでもありません。

楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?