【米国株】逆指値注文の仕組み

目次

折りたたむ

逆指値注文とは?

「価格が上昇し、指定した値段以上になれば買い」「価格が下落し、指定した値段以下になれば売り」とする注文方法です。通常の指値注文で、それぞれ、「指定した価格以下で買い」、または「指定した価格以上で売り」とすることと逆の注文方法であることから「逆指値」と呼ばれます。

逆指値注文とは?

活用方法一覧

(1)損失限定(ストップロス)

基本的な逆指値の利用方法。保有する銘柄について、相場が思惑と反対に動いた場合、損失の拡大を防ぎたい。

現物銘柄Aを保有している場合の「売り逆指値」

  1. 銘柄Aが120ドルを超えたところで相場が底堅い状況になってきたので、125ドルで銘柄Aを買った。
  2. 相場が上昇すればよいが、方向感の乏しいまま推移している状況となり、念のため相場が急落したときに備えて、118ドルで売り逆指値注文を出しておく。
  3. 相場はそのまま下げ、118ドルで売り注文が執行された。差し引き7ドルの損失に限定。
詳しく見る

(2)利益確定

  1. 120ドルを前に銘柄Aの勢いがついてきたところで当面の上昇を見込んで、116ドルで買った。
  2. 120ドルを挟んでの揉み合いがあったが、上昇を続け136ドルをつけた。まだ上昇の勢いはあるが、念のため相場が反転したときに備えて、132ドルで売り逆指値注文を出しておく。
  3. 相場は反転し、132ドルで売り注文が執行された。差し引き16ドルの利益となった。
詳しく見る

(3)トレンドフォロー(上値追い・下値追い)

上値追いの例

  1. 120ドルを前に銘柄Aの勢いがついてきたところで当面の上昇を見込んで、117ドルで買った。
  2. 同時に値下がりに備えて、107ドルで売り逆指値注文を出しておく。
  3. 107ドルの逆指値まで下げずに124ドルまで上昇。逆指値を119ドルに訂正。これで2ドルの利益を確保。
  4. さらに銘柄Aは上昇し、136ドルをつけたところで、再度、逆指値を134ドルに訂正。これで17ドルの利益を確保。
  5. しばらくして相場は反転し、134ドルで売り注文が執行された。結局、17ドルの利益をとれた。
詳しく見る

(4)レンジ抜けの買い・売り

ボックス圏からの抜けや、以前の高値・安値の抜きを想定し、相場のトレンドが変わるタイミングを捉えて、投資機会を確保する。

  1. 銘柄Aが115ドルから125ドルのボックス圏にある。このボックス圏を抜けて上値を追いかける展開になれば、さらなる上昇が期待できそうな場合、124ドルになってレンジの天井が見えてきたところで、レンジ抜け127ドルで買い逆指値注文を出しておく。
  2. このレンジを抜けてきて127ドルになり、買い逆指値注文が執行され、思惑通りに買うことができた。
詳しく見る

米国株式逆指値注文取引ルール

有効期限

当日中、期間指定(注文日から最大90日先まで)

決済通貨

  • 米ドル
    (米ドルでの取引にあたりましては、予め、為替取引や米ドルMMF買い付け、米ドル入金によりドル資産を用意する必要があります。)
  • 日本円
    (日本円による買付注文を発注される際は、日本円の買付余力の範囲においてご注文が可能となります※。なお、約定した場合は、米国市場約定日の翌国内営業日午前10:00(日本時間)頃の当社為替レート(25銭の為替スプレッドが含まれます)を適用いたします。)
  • マネーブリッジ「自動入出金(スイープ)」を設定している場合、事前に資金を証券口座に入金をすることなく、注文時に自動的に楽天銀行口座の資金を買付代金に充当することができます。

注文対応チャネル

ウェブ、iSPEED

取引単位

1株

値幅制限

逆指値注文の場合は、発注時の指値が逆指値条件価格から大きく乖離していると、注文の受付ができません。
下記の制限内で、逆指値条件をご設定下さい。

■買い注文の場合

逆指値条件価格 指値上限値幅
25米ドル以下 逆指値条件価格を基準に+10%
25米ドル超、50ドル以下 逆指値条件価格を基準に+5%
50米ドル超 逆指値条件価格を基準に+3%

■売り注文の場合

逆指値条件価格 指値上限値幅
25米ドル以下 指値を基準に-10%
25米ドル超、50ドル以下 指値を基準に-5%
50米ドル超 指値を基準に-3%

訂正・取消

  • 数量:減数のみ訂正可能。
  • 価格:購買余力が不足している場合は訂正不可。
    市場執行済みの指値価格の訂正は、注文が約定するまで可能。
    iSPEEDで発注した注文内容の訂正はWEBからでも訂正可能。
    「逆指値」 ⇔ 「成行」 、「逆指値」 ⇔ 「指値」の訂正は不可。
    「逆指値」で市場に執行する注文の「成行」 ⇔ 「指値」の訂正は不可。
    「逆指値」で市場に注文が執行された後の注文も指値⇔成行の訂正は不可。
    市場に注文を執行する基準となる価格の訂正は、注文が市場に発注されるまで可能。
    逆差値条件合致後、市場に注文が執行された後に指値を訂正する際は、通常の取引ルールの発注制限が有効となります。
  • 執行条件:「本日中」⇔「期間指定」の日付の訂正可能
  • 口座:変更不可。取り消し後、再度発注してください。
  • 市場:変更不可。当該銘柄の米国での上場市場を表示しています。
  • 決済方法:変更不可。取り消し後、再度発注してください。

口座区分

一般、特定、NISA

詳しく見る

楽天証券で採用している時価情報について

楽天証券の各画面に表示される時価情報は、NYSEおよび、NASDAQなど該当銘柄の「主要市場」のみの時価情報を表示しております。(一部複数市場の表示有り)約定時及び逆指値条件の照合は、現地取引先ブローカーの取扱う、米国の「複数市場」を対象としています。
そのため、実際に約定した価格と、画面上に表示される価格に差異が生じる場合があります。

時価情報取得市場

メンバーウェブ

チャート 株価/4本値/出来高
複数市場 主要市場

ビジターウェブ

チャート 株価/4本値/出来高
複数市場 複数市場

iSPEED

チャート 株価/4本値/出来高
主要市場 主要市場

マーケットスピード

チャート 株価/4本値/出来高
主要市場 主要市場

価格決定時に適用される最良気配値市場

メンバーウェブ 複数市場
iSPEED 複数市場
マーケットスピード 複数市場
  • 受注の上限/下限の基準としている最良気配は該当銘柄が上場するNYSE/NASDAQのそれぞれ主要市場
詳しく見る

逆指値注文デモ画面

iSPEED逆指値注文画面

ウェブ逆指値注文画面

  • 急激に相場が変動した場合、約定しない場合があります。また、成行を指定した場合には、事前に想定していた範囲から大幅に乖離した価格で約定が成立するリスクがあります。
詳しく見る

外国株式のリスクと費用について

外国株式・海外ETFトップ

口座開設

ネットでも、郵送でもラクラク

口座開設に関するご質問は
AIチャットへどうぞ
24時間ご案内いたします!

AIチャットボットに質問してみる