楽天証券おすすめの『おまかせ資産運用サービス』

楽天証券おすすめの『おまかせ資産運用サービス』

はじめてでも安心!おまかせ資産運用ってなに?

『おまかせ資産運用サービス』とは、いくつかの質問に答えるだけで、あなたに最適な資産配分を提案し、購入後のリバランス(資産配分の見直し)を含めた運用を行うサービスです。

商品提案から運用までおまかせできるため、投資の知識に自信がなくても、忙しくてほったらかしになっても大丈夫!また、リスク許容度に見合う資産配分を提案してくれるので、何に投資したらいいのか悩む必要もありません。

ここでは楽天証券おすすめの3つの『おまかせ資産運用サービス』をご紹介します。
あなたの投資スタイルに合った『おまかせ資産運用サービス』を見つけて、資産運用を始めてみてはいかがでしょうか。

  楽ラップ らくらく投資 Wealth Wing(ウェルスウイング)
最低投資金額 1万円 100円 15万円
積立
最低積立額 1万円 100円 1万円
投資対象 国内の投資信託 らくらく投資専用投資信託 日本株(東証一部)
手数料(税込) 固定報酬の場合
最大年率0.715%
ファンド費用最大年率0.255%
年率0.4915% 情報利用料 月額330円+運用額の年率0.99%
NISA対応 × ×
運営会社 楽天証券株式会社 株式会社スマートプラス

目次

折りたたむ

おまかせ資産運用サービスの主な特徴

おまかせのポートフォリオ運用『楽ラップ』

楽ラップの特徴

ポイント投資・NISAもできる『らくらく投資』

らくらく投資の特徴

日本株でアクティブに運用
『Wealth Wing(ウェルスウイング)』

Wealth Wingの特徴

◆楽ラップのリスクと費用について

楽天証券ラップサービスは、国内投資信託および外国投資信託等を主な投資対象として運用を行うため、投資元本は保証されるものではなく、これを割り込むことがあります。
また、お客様には運用にかかる費用等をご負担いただきます。費用等には、直接ご負担いただく費用(投資顧問料(投資一任フィー)及び管理手数料(ラップフィー))と、間接的にご負担いただく費用(投資対象に係る費用)があります。
楽天証券ラップサービスの手数料体系には固定報酬型と成功報酬併用型があり、固定報酬型では投資顧問料(投資一任フィー)と運用管理手数料(ラップフィー)の合計が最大で運用資産の0.715%(税込・年率)、成功報酬併用型では投資顧問料(投資一任フィー)と運用管理手数料(ラップフィー)の合計が最大で運用資産の0.605%(税込・年率)+運用益の積み上げ額の5.50%(税込)となります。このほかに間接的にご負担いただく費用は、投資信託では運用管理費用として、信託報酬(最大で信託財産の0.330%(概算)(税込・年率)。但し、楽天証券ラップサービスで投資する投資信託が投資対象とする他の投資信託の信託報酬等を加えた実質的な運用管理費用は最大で信託財産の0.682%(概算)(税込・年率)です。)、信託財産留保額(最大で信託財産の0.30%(概算))、その他費用をご負担いただきます。
これらの費用の合計額および上限額については、資産配分比率、運用状況、運用実績等に応じて異なるため、具体的な金額・計算方法を記載することができません。詳しくは、契約締結前交付書面および目論見書等でご確認ください。なお、楽天証券ラップサービスにはクーリング・オフ制度は適用されません。
金融商品仲介業者を通じてお申込みいただいたお客様は、ご担当者までお問合せください。

◆らくらく投資ご利用にあたって

らくらく資産形成(以下本サービス)では、問診に回答いただき、5種類の投資コースの中から、お客様の投資の目標や運用リスクへのお考えに合わせた投資コースの診断を行います。
実際の運用は、それぞれの投資コースに対応する専用ファンドを購入することで行われます。
専用ファンドはすべて楽天投信投資顧問によって運用されるファンドです。
診断結果については万全を期しておりますが、将来の市場変動に対する正確性や運用の成果を保証するものではありません。
本サービスは参考情報の提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものではありません。
事前に各ファンドの投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書保管書面等をご覧いただき、投資の最終判断はお客さまご自身で行ってください。
本サービスに掲載されている内容は、予告なく変更することがあります。

投資信託のリスクと費用について

口座開設

ネットでも、郵送でもラクラク

口座開設に関するご質問は
AIチャットへどうぞ
24時間ご案内いたします!

AIチャットボットに質問してみる