投資を学べる情報メディア

楽天証券のアプリ

NISAのポイント

NISA(ニーサ)とは、毎年決まった非課税投資枠が設定され、上場株式や投資信託の配当金(分配金)や値上がり益が非課税になる制度のことです。 日本に住む20歳以上の方が対象です。
投資目的などに合わせて、「一般NISA」か「つみたてNISA」を選べます。

目次

折りたたむ

NISAは2種類

一般NISA

  1. 上場株式や投資信託などの利益にかかる税金が非課税になります。
  2. 年間120万円までが非課税になる投資枠です。
  3. NISA口座の非課税期間は、投資した年から最長5年間です。
  4. 口座開設できる期間は、2014年から2023年までです。
  5. 一括で購入(スポット購入)や積立方式での購入が可能です。

つみたてNISA

  1. 国が定めた基準を満たした投資信託などの利益にかかる税金が非課税になります。
  2. 年間40万円までが非課税になる投資枠です。
  3. NISA口座の非課税期間は、投資した年から最長20年間です。
  4. 口座開設できる期間は、2018年から2042年までです。
  5. 年間で2回以上の積立方式のみ購入が可能です。

「一般NISA」と「つみたてNISA」の比較表

一般NISA つみたてNISA
対象者 日本にお住まいで口座開設する年の1月1日現在で満20歳以上の個人のお客様
投資方法 スポット購入・積立方式 積立方式
年間投資
上限額
120万円 40万円
投資可能期間 2014年~2023年 2018年~2042年
非課税で保有できる期間※1 5年 20年
対象商品 国内株式※2・海外株式・投資信託 国が定めた基準を満たした投資信託
非課税対象 対象商品にかかる配当金・分配金、売却益
金融機関
変更
各年ごとに変更可能

ご注意点

NISA口座開設時のご注意点 【重要】

NISA口座は一人1口座だけ。

NISA登録金融機関の変更時のご注意点

一度でもNISA枠を使用すると、次の年まで金融機関の変更ができません。

一般NISAまたは、つみたてNISAを選択後、お取引された場合、翌年まで区分変更(一般NISA→つみたてNISAもしくは、つみたてNISA→一般NISA)はできませんのでご注意ください。
金融機関の変更もしくは、区分変更をご検討中の方で、積立を設定されている方は特にご注意ください。

他の金融機関で買い付けた商品を楽天証券のNISA口座へ移管することはできません。

他の金融機関で買付けた商品は、買付けをおこなった金融機関のNISA口座で引き続き保有することになり、弊社のNISA口座へ移管することはできません。
また、一般NISAで保有していた商品をつみたてNISAへ、つみたてNISAで保有していた商品を一般NISAへ移管することはできません。

NISA口座でのお取引に関するご注意点

他の口座と損益通算はできません。

NISA口座(一般NISA/つみたてNISA)内で発生した利益or損失と、他の口座(特定/一般)で発生した利益or損失は、損益通算できません。
また、損失の繰越控除もできません。

非課税枠の再利用・繰越はできません。

購入した年と同じ年に売却することで生じる空き枠を再利用することはできません。未使用の枠を翌年に繰り越すこともできません。

投資信託における
特別分配金は非課税メリットなし。

「特別分配金(元本払戻金)」は、そもそも非課税。NISA口座においては、制度上のメリットは享受できませんので注意しましょう。

配当金受取方法は株式数比例配分方式

一般NISA口座で保有している上場株式等の配当金等を非課税で受け取るには、配当金受取方法で「株式数比例配分方式(楽天証券の預り金に入金する)」を選択する必要があります。

一般NISA・つみたてNISAのお申込み

一般NISA/つみたてNISAの変更も
こちらからお申込みください

わからないことはお気軽に
NISA専用ダイヤルへ

携帯・PHS、050から始まるIP電話からのご利用
(通話料有料)

03-6739-3400

固定電話からは(通話料無料)
0120-106-298

受付時間:平日8:30~17:00(土日祝・年末年始を除く)