投資を学べる情報メディア

楽天証券のアプリ

ジュニアNISAの入門講座

目次

折りたたむ

知っておきたい教育資金について

お子さまやお孫さまの教育資金を援助する方法としてジュニアNISAを検討されている方が増えています。
「資産を運用してふやすプラン」として銀行預金以外のご用意をされてはいかがですか?

教育資金の準備は計画的に
お子さまの教育資金は意外とかかるものです。留学や下宿なども想定して、早めに資金計画を立てることが大切です。

インフレ対策はされていますか?

日本が超低金利になってからずいぶん経ちました。 世界人口の増加で、食糧や日用品など物価の上昇で、今お持ちの資産が相対的に目減りする可能性もあります。 そのため、生活に必要な資金と分けて、将来のための資金をインフレ対策として資産運用されてはいかがでしょうか?

生前贈与を活用した相続税対策として◎

ジュニアNISA(ジュニアニーサ)制度を利用して、お子様やお孫様の資産運用を考える方が増えています。 贈与制度とジュニアNISAを組み合わせることで、お子様やお孫様を資金面で手助けできるだけでなく、将来の相続財産を軽減させることもできます。
「暦年贈与」を利用すれば、贈与を受ける人(お子様やお孫様)1人あたり年間110万円までの贈与が非課税となります。そのため、ジュニアNISA投資枠の上限80万円を効率的に活用できます。

【ご留意事項】相続時精算課税制度を選択しない場合。2018年1月現在の法律等をもとに作成していますが、税制改正等により将来内容が変更される場合があります。詳しくは、税務専門家等にお問い合わせください。

NISAトップ

ジュニアNISAのお申込み

NISAに関するご質問は
AIチャットへどうぞ
24時間ご案内いたします!

AIチャットボットに質問してみる