米国を代表する株式指数「S&P500」に連動するiシェアーズETFのご紹介!

米国を代表する株式指数「S&P500」に連動するiシェアーズETFのご紹介!

世界が注目する米国大統領選挙も終わり、世界の投資家は、米国の行方とともに、米国株式市場の動きは引き続き注目されています。そのため、米国を代表する株式指数「S&P500」に投資できるiシェア―ズETFをご紹介します。
国内上場する2銘柄、米国に上場する1銘柄から選択でき、お客様の投資スタンスにあわせて選択できます。

iShares S&P500連動ETFの特徴

  • 投資対象は「米国の株式市場を代表するS&P500採用銘柄」
  • 分散投資および長期的な資産成長を目指す方におすすめ
  • お客様の投資スタンスに合わせた銘柄選びが可能

回復力の高い米国株

まず、米国株の過去の値動きをみていきましょう。日本株はアベノミクス以降に株価上昇したことが記憶に鮮明ですが、2006年以降の変化率を比較すると、米国株の力強さが目立ちます。また、直近は新型コロナウイルスによるマーケットの大きな変動が目立ちますが、2008年に起こったリーマン・ショック後の世界金融危機の際は、元の株価水準に戻るのに要した期間は日本株が約6年なのに対し、米国株は約3年と、その回復力の高さが分かります。

図表1. 代表的な株価指数の推移

出所:ブルームバーグ、S&Pよりブラックロック作成、2020年9月末時点
2006年12月末時点の各株価指数のネットトータルリターンを100として指数化し、円建てで変化率を比較

米国を代表する株式指数「S&P500」

米国の個別企業ではなく、米国株式市場全体に投資をしたいと考えたとき、米国を代表する株式指数に着目される方が多いのではないでしょうか。その米国株式を代表する指数として、S&P500、NYダウ、NASDAQ100が挙げられます。中でもS&P 500は、米国の主要産業を代表する 500 社により構成されており、米国株式の時価総額の約 80% をカバーしています。成長率の高さが特筆される巨大IT企業のGAFAM(米アルファベット(グーグル持ち株会社)、米アマゾン・ドット・コム、米フェイスブック、米アップル、米マイクロソフト)が全て含まれています。なお、ダウはGAFAMで組入がある銘柄はアップルとマイクロソフトのみです。

図表2. 米国を代表する株式指数の比較

表は横にスクロールします

指数名 S&P500 NYダウ NASDAQ100
銘柄数 505 30 103
算出方法 時価総額加重 株価加重 時価総額加重
組入上位5銘柄(%) アップル 6.7 ユナイテッドヘルスグループ 7.4 アップル 13.4
マイクロソフト 5.7 ホーム・デポ 6.6 アマゾン・ドット・コム 10.8
アマゾン・ドット・コム 4.8 アムジェン 6.0 マイクロソフト 10.7
フェイスブック 2.3 セールスフォース 6.0 フェイスブック 4.3
アルファベット 1.6 マクドナルド 5.2 テスラ 3.5

出所:ブラックロック、ブルームバーグ、S&P、2020年9月末時点

投資スタンスに応じて取引可能なiShares S&P500連動ETF

日本の個人投資家がS&P500連動ETFに投資しようとする場合、国内上場ETF及び海外上場ETFという選択肢があります。ブラックロックでは、S&P500に連動するETFを、国内上場で2銘柄、海外上場ETFで1銘柄ご提供しています。ブラックロックの提供するiShares S&P500連動ETF3銘柄の特徴や銘柄ごとの詳細(図表3)は以下の通りです。

<iShares S&P500連動ETFの特徴>

  1. 米国の株式市場を代表するS&P500採用銘柄が投資対象
  2. 分散投資および長期的な資産成長を目指すために活用可能
  3. お客様の投資スタンスに合わせて、銘柄を選択可能(図表4)

図表3. iShares S&P500連動ETF(2020年9月末時点)

表は横にスクロールします

ティッカー 1655 2563 IVV
銘柄名 iシェアーズ S&P 500 米国株 ETF iシェアーズ S&P 500 米国株 ETF(為替ヘッジあり) iシェアーズ・コア S&P 500 ETF
上場市場 東京証券取引所 NYSEアーカ
設定日 2017年9月27日 2020年6月19日 2000年5月15日
分配金支払回数 年2回 年4回
基準通貨 日本円 米ドル
信託報酬率/経費率 2021年6月18日まで:0.075%(税込0.0825%)程度※それ以降は0.15%(税込0.165%)程度 0.03%

図表4. iShares S&P500連動ETF銘柄の選択方法(イメージ)

東証上場のiシェアーズETF、楽天証券なら売買手数料0円

東証上場しているiシェアーズETFが売買手数料0円 ブラックロック・グループが運用するiシェアーズETFのうち東京証券取引所に上場しているすべての売買手数料(現物取引・信用取引)が0円! ご選択の手数料コースにかかわらず、iシェアーズETFの売買手数料は無料です。

国内株式のリスクと費用について

口座開設

ネットでも、郵送でもラクラク

口座開設に関するご質問は
AIチャットへどうぞ
24時間ご案内いたします!

AIチャットボットに質問してみる