現在地
ホーム > NISA(ニーサ):少額投資非課税制度 > つみたてNISA
  • NISA
  • 積立NISA
  • ジュニアNISA

NISA口座を申込む

つみたてNISAとは

今までのNISAに加えて、2018年の1月から、つみたてNISA制度が始まります。
つみたてNISAとは現行NISAと同様に、投資した値上がり益や配当金・分配金にかかる税金が非課税になる積立に特化し、非課税期間が20年と長いのが特長です。

一般NISAとつみたてNISAのちがい

  一般NISA つみたてNISA
対象者 20歳以上
運用方法 通常買付・積立方式 積立方式
年間投資上限額 120万円 40万円
非課税となる期間 5年 20年
対象商品 国内株式・海外株式・投資信託 国が定めた基準を満たした投資信託
非課税対象 対象商品にかかる配当金・売却益等
口座開設期間 2023年開始分まで 2037年開始分まで
金融機関変更 各年ごとに変更可能
  • つみたてNISAでお取引をされている方は、株式投資することができません。
    株式への投資をご検討の方は「一般NISA」をご選択ください。
    NISA用語集はこちら

つみたてNISA はどんな人が選べばいいの?長期運用を見据えて、積立でコツコツ資産形成したい方。年間投資金額が40万円未満の方!(月々約33,000円の積立てが目安)。運用方法に迷っている方。つみたてNISAで採用予定の投資信託は、国が定めた低コスト、長期安定運用等の基準を全て満たした商品のみです。その商品の中から選ぶだけ。

つみたてNISAの対象商品ってどういうもの?

キーワードは 『長期』・『積立』・『分散投資』。

この3つのポイントを軸として投資家の安定的な資産形成を目的とした制度がつみたてNISAです。そのため、つみたてNISAで投資できるのは3つのキーワードに適した一定の要件を満たすものにあらかじめ限定されています。

具体的に「共通要件」と呼ばれるものと、「投資信託の区分ごとの要件」の2つがあり、それぞれの要件を満たしたものがつみたてNISAの投資対象商品として選ばれます。

※楽天証券の取扱商品の詳細はこちら

楽天証券つみたてNISAの魅力

Point
毎日つみたて

楽天証券は最低100円~積立可能!
投資タイミングを気にすることなく、毎日少しずつ資産形成ができます。

Point
ポイントでつみたて

楽天証券のつみたてNISAなら、積立代金を楽天スーパーポイントで支払うことが可能です!

  • 2018年春のサービス提供を予定

Point
まとめてつみたて

お客様が選んだ複数のファンドを、まとめて設定可能になります!
1つずつ設定する手間が省けるので、リスク分散のためにファンドへの投資を考えてる方にもおすすめの機能です。

つみたてNISAサービス概要

NISA口座を開設できる方 楽天証券の総合取引口座をお持ちの方
※ NISA口座を開設なさる年の1月1日時点で満20歳以上の方
※ 対象年の1月2日以降に満20歳になられた方は、その年の10月1日以降に翌年のNISA口座の申込および開設を行えます。
非課税投資枠

年間の累積購入代金40万円まで

お取引は、定期的に継続した買付(積立)の必要があります。


  • その年に使用しなかった非課税投資枠を翌年に繰り越せません。
  • 非課税枠の再利用はできません。
  • 新規投資額が対象となるため、現在保有している株式や投資信託をNISA口座に移すことはできません。
非課税となる期間 投資をはじめた年を含めて20年後の12月末まで
注意事項
  • 「一般NISA」と「つみたてNISA」の併用はできません。年ごとにいずれかを選択することができます。
  • 一般NISAからつみたてNISAへのロールオーバー、つみたてNISAから一般NISAへのロールオーバーは制度上認められていません。
    (一般NISAで5年間の非課税期間が終わった資産を、つみたてNISAの非課税投資枠に移すこと(ロールオーバー)はできません。)
  • 一般NISAとつみたてNISAを選択後、お取引された場合、翌年まで区分変更(一般NISA⇒つみたてNISA、つみたてNISA⇒一般NISA)できませんので、ご注意ください。
  • 再投資型の投資信託をお持ちで、区分変更(一般NISA⇒つみたてNISA、つみたてNISA⇒一般NISA)された場合、変更した非課税口座(一般NISAやつみたてNISA)ではなく、一般口座か特定口座で再投資が行われますので、ご注意ください。(例:一般NISA保有投資信託の再投資は、つみたてNISAへ区分変更後は、特定口座または一般口座で行われます。)
  • NISA口座の開設にはマイナンバーの登録が必要です。
  • NISA口座の廃止は、非課税口座廃止届出書等のご提出が必要となります。カスタマーサービスセンターでご連絡ください。
  • 証券総合取引口座を解約された場合、出国し非居住者となった場合、または死亡した場合、NISA口座が廃止されます。なお、廃止日以降に配当金等が発生した場合は、遡及して課税されることになります。
  • 出国し非居住者となった場合、死亡した場合につきましては、出国日または死亡日がNISA口座の廃止日とみなされます。なお、廃止日以降に配当金等が発生した場合は、遡及して課税されることになります。

一般NISAで5年間の非課税期間が終わった資産は、つみたてNISAの非課税投資枠に移す(ロールオーバーする)ことができません。

一般NISAとつみたてNISAのご注意事項

NISA口座開設時のご注意点 【重要】

NISA口座は一人1口座だけ。

  • NISA口座(一般NISA/つみたてNISA)は複数の金融機関で開設することはできません。一人につき1口座のみ開設することができます。
  • 複数の金融機関に重複してNISA口座(一般NISA/つみたてNISA)の開設手続きをされると、以下の恐れがあります。
     ・ 口座開設に、大幅に時間がかかる
     ・ ご希望の金融機関を選択できない

NISA登録金融機関の変更時のご注意点

一度でもNISA枠を使用すると、次の年まで金融機関の変更ができません。

一般NISAまたは、つみたてNISAを選択後、お取引された場合、翌年まで区分変更(一般NISA→つみたてNISAもしくは、つみたてNISA→一般NISA)はできませんのでご注意ください。
金融機関の変更もしくは、区分変更をご検討中の方で、積立を設定されている方は特にご注意ください。

他の金融機関で買付けた商品を楽天証券のNISA口座へ移管することはできません。

他の金融機関で買付けた商品は、買付けをおこなった金融機関のNISA口座で引き続き保有することになり、弊社のNISA口座へ移管することはできません。
また、一般NISAで保有していた商品をつみたてNISAへ、つみたてNISAで保有していた商品を一般NISAへ移管することはできません。

NISA口座でのお取引に関するご注意点

他の口座と損益通算はできません。

NISA口座(一般NISA/つみたてNISA)内で発生した利益or損益と、他の口座(特定/一般)で発生した利益or損益は、損益通算できません。
また、損失の繰越控除もできません。

非課税枠の再利用・繰越はできません。

購入した年と同じ年に売却することで生じる空き枠を再利用することはできません。未使用の枠を翌年に繰り越すこともできません。

投資信託における特別分配金は非課税メリットなし。

「特別分配金(元本払戻金)」は、そもそも非課税。NISA口座においては、制度上のメリットは享受できませんので注意しましょう。

配当金受取方法は株式数比例配分方式。

一般NISA口座で保有している上場株式等の配当金等を非課税で受け取るには、配当金受取方法で「株式数比例配分方式(楽天証券の預り金に入金する)」を選択する必要があります。
※ 国内上場外国株式のお取引での譲渡所得は非課税の対象となりますが、配当金については発行会社の代理人から直接お客様へ支払われるため、非課税の対象外となります。
※ 外国株式(海外ETF含む)の配当金は証券口座受取ができないため、非課税の対象外となります。

配当金受取方法とは?

わからないことはお気軽にNISA専用ダイヤルへ

NISA・マイナンバーに関するお問い合わせ先

フリーダイヤル 0120-106-298

携帯・PHS・050で始まるIP電話からは03-6739-3400(通話料有料)

受付時間:午前8時~午後6時(土日祝日・年末年始を除く)


個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券の口座をお持ちの方

NISA口座申込

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

紹介プログラム